職員の1冊『バムとケロのにちようび』

2020.3.2(月)

推薦の言葉(事務局 西川益代)

バムとケロのにちようび

バムとケロのにちようび

学術情報課 職員からのご紹介です。


犬のバムとかえるのケロちゃんのお話です。
皆さんは雨の日曜日をどう過ごしますか?
退屈な雨の日曜日、バムが本を読もうと部屋をきれいにきれいに片付けていると、どろんこびちゃびちゃのケロちゃんが帰ってきてさあ大変!
再び部屋をきれいにして、どろんこのケロちゃんもきれいにして、おいしいおやつを作って、やっと屋根裏へ本を取りに行きますが、ゆっくり読むことができるのでしょうか。
几帳面で優しいバムといたずらっこのケロちゃんのやりとりが愛らしく、思わず笑いがこぼれ、元気と癒しをもらえる絵本です。
読むたびに、気付いていなかったキャラクターや小さな小物など、新しい発見があり、隅々までかわいいスパイスが効いた絵が魅力です。
皆さんも、お気に入りのおやつと飲み物を用意して、読み聞かせしてもらうのはいかがでしょうか。

書名:バムとケロのにちようび
作・絵:島田ゆか(しまだ・ゆか)
出版社:文溪堂
出版年:1994年
 
本はここにあります