学生の1冊『げんきなマドレーヌ』

2019.7.8(月)

推薦の言葉(美術学科 掛田陽子)

げんきなマドレーヌ

げんきなマドレーヌ

2018年度 貸出冊数 上位の学生からのご紹介です。


大好きな本をご紹介します。
「げんきなマドレーヌ」という絵本です。
私が、小さな頃から読んでいた絵本です。
 
パリの、ある古い屋敷に住んでいる、12人の女の子のお話です。
 
絵がシンプルで、とても見やすく、
文章も短くて、読みやすいです。
 
1番の魅力は、さり気ない子どもの目線が描かれていることだと思います。
 
病院のベッドがハンドルで上げ下げできること。
天井の染みがうさぎに見えること。
 
大人になると忘れてしまいそうな
小さなキラキラしたものが、描かれている絵本だと思います。

書名:げんきなマドレーヌ
作・画:ルドウィッヒ・ベーメルマンス
訳:瀬田貞二(せた・ていじ)
出版社:福音館書店
出版年:1972年

本はここにあります